注文住宅の契約後に値上がり!損をしないための6つの対策
注文住宅の契約後に値上がりする可能性は、材料費や人件費の高騰などによってあります。契約後に値上がりが発生した場合でも、適切な対策を講じることで、損失を最小限に抑えることができます。
本記事では、契約後に値上がりする原因と対策を簡単に解説します。ぜひ参考にしてください。

注文住宅の契約後に値上がり!損をしないための6つの対策

まず、注文住宅の契約後に値上がりする原因と対策を記述していきます。

 

注文住宅を建てる際に、契約後に値上がりすることがあります。

 

これは、住宅の建築費用は、木材や鉄鋼などの材料費や、人件費などの変動費の影響を受けやすいためです。

 

注文住宅の契約後の値上がりの原因

 

注文住宅の契約後に値上がりする原因は、主に以下の3つです。

 

材料費の値上がり

木材や鉄鋼などの材料費は、原油や鉄鉱石などの原材料価格の変動によって値上がりします。
近年は、ウッドショックや原油高騰の影響で、材料費が大幅に値上がりしています。

 

人件費の値上がり

建設業の人件費は、労働人口の減少や人材の流動化によって値上がりしています。

 

変更工事による値上がり

契約後に、間取りや設備などの変更工事を行った場合、追加費用が発生することがあります。

 

 

注文住宅の契約後の値上がりの対策6つ

 

契約後の値上がりを防ぐためには、以下の対策が有効です。

 

 

契約前に、材料費や人件費の見積もりを複数社から取得する

契約前に、材料費や人件費の見積もりを複数社から取得することで、相場感を把握し、適正な価格で契約することができます。

 

 

契約書に、値上がりに対する条項を盛り込む

契約書に、材料費や人件費の値上がりに対する条項を盛り込むことで、値上がりが発生した場合でも、一定の範囲内で追加費用を負担しなくて済む場合があります。
具体的には、以下のような条項を盛り込むとよいでしょう。

 

・契約締結後、原材料費や人件費等の価格変動により、見積書に記載した契約金額に変更が生じた場合、その変更が生じた時点の価格を基準として、契約金額を改定するものとする。
・ただし、契約金額の改定は、総額で10%以内に限るものとする。

 

 

プラン変更を慎重に行う

契約後に、間取りや設備などのプラン変更を行った場合、追加費用が発生する可能性があります。
プラン変更を検討する場合は、事前に追加費用の見積もりを取得し、予算内で収まるかどうかを慎重に検討しましょう。

 

 

契約時期を工夫する

材料費や人件費は、時期によって変動します。一般的に、材料費は年末から年始にかけて、人件費は繁忙期である春から夏にかけて高騰する傾向があります。
そのため、契約時期を工夫することで、値上がりのリスクを軽減することができます。

 

ローコスト住宅を検討する

材料費や人件費を抑えることで、値上がりのリスクを軽減することができます。そのため、ローコスト住宅を検討するのも一つの方法です。
ただし、ローコスト住宅は、設備や仕様が簡素化されている場合があるため、事前に十分に確認しておきましょう。

 

予算を多めに見積もる

契約後に値上がりが発生した場合に備えて、予算を多めに見積もっておきましょう。
予算を多めに見積もることで、値上がりによる追加費用を負担するリスクを軽減することができます。

 

 

 

契約後の値上がりの平均的な金額

国土交通省の調査によると、注文住宅の契約後の値上がりの平均的な金額は、坪単価で3.4万円です。
これは、2022年3月時点の調査結果であり、近年の材料費や人件費の高騰によって、さらに値上がりしている可能性があります。

 

 

注文住宅の契約後に値上がりをした人の口コミ

 

注文住宅の契約後に値上がりしたという口コミは、インターネット上でも多く見られます。
以下に、いくつかの口コミをご紹介します。

 

「契約時に見積もりをもらった金額から、坪単価で5万円値上がりした」
「契約後に、間取りを変更したところ、追加費用として100万円以上かかった」
「契約後に、地盤改良が必要になり、追加費用として200万円かかった」

 

 

 

注文住宅の契約後に値上がりする可能性は、常に存在します。
契約後に値上がりが発生した場合でも、適切な対策を講じることで、損失を最小限に抑えることができます。

 

 

契約後の値上がりに対する注意点

 

契約後の値上がりが発生した場合、必ずしも追加費用を負担しなければならないわけではありません。
契約書に、値上がりに対する条項が盛り込まれている場合、一定の範囲内で追加費用を負担しなくて済む場合があります。

 

ただし、契約書に値上がりに対する条項が盛り込まれていない場合、追加費用を負担しなければならない可能性があります。
そのため、契約書の内容をよく確認しておきましょう。

 

【まとめ】注文住宅の契約後に値上がり

注文住宅の契約後に値上がりする可能性は、材料費や人件費の高騰などによってあります。
契約後に値上がりが発生した場合でも、適切な対策を講じることで、損失を最小限に抑えることができます。
契約前に、複数社から見積もりを取り、契約書に値上がりに対する条項を盛り込むことで、値上がりのリスクを軽減することができます。



家づくりを失敗しないための賢い選択

ハウスメーカーでお安く建てることができた体験談を記しています。

私が簡単に、350万円の値引きで大手ハウスメーカーで建てることができた秘密。
ぜひ、あなたの家づくりにお役立てください^^

⇒家づくりで悩む忙しい人向けにどうぞ!ハウスメーカーで大幅値引きをした体験談