【ハウスメーカーの値引き】意味ない?意味ある?その真相を徹底解説!
新築一戸建ての購入を検討している方は、ハウスメーカーとの値引き交渉を検討している方も多いのではないでしょうか。しかし、値引き交渉は本当に意味ないのか、あるのか、どうなの?と疑問に思う方もいるかもしれません。
本記事では、ハウスメーカーの値引き交渉の意味や、値引き交渉を成功させるための方法を解説しています。

【ハウスメーカーの値引き】意味ない?意味ある?その真相を徹底解説!

 

ハウスメーカーの値引き交渉、本当に意味ないの?

 

新築一戸建ての購入を検討している方の中には、ハウスメーカーとの値引き交渉を検討している方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、値引き交渉は意味ない、という意見もあり、本当なのかどうか疑問に思う方もいるかもしれません。

 

結論から言うと、ハウスメーカーの値引き交渉は必ずしも意味ないとは限りません。

 

ハウスメーカーによって値引きの傾向は異なり、また、値引き交渉が成功するかどうかは、交渉のタイミングや方法など、さまざまな要因によって左右されます。

 

それでは、なぜ、ハウスメーカーの値引き交渉は意味ないという意見があるのでしょうか?

 

ハウスメーカーの値引き交渉は意味ないといわれる理由

 

ハウスメーカーの値引き交渉が意味がない理由は、以下のとおりです。

 

・ハウスメーカーは、基本的に値引きを想定して見積もりを出している
・ハウスメーカーは、値引きによって利益を大きく損なうことは避けたい
・値引き交渉を成功させるためには、高い交渉力が必要

 

ハウスメーカーは、基本的に値引きを想定して見積もりを出している

ハウスメーカーは、新築一戸建てを販売する際に、利益を一定確保できるように見積もりを出しています。
そのため、値引き交渉をしても、それほど大きな値引きが得られない場合が多いのです。
ハウスメーカーは、値引き交渉を想定して、見積もりに余裕を持たせているのです。

 

具体的には、以下のような項目に値引きの余地があります。

 

・オプションの価格
・工事期間
・ローンや住宅ローン控除の利用

 

ハウスメーカーは、これらの項目を調整することで、顧客の予算に合わせて見積もり額を下げることができます。

 

 

ハウスメーカーは、値引きによって利益を大きく損なうことは避けたい

ハウスメーカーは、値引きによって利益を大きく損なうことは避けたいため、値引き交渉に応じない場合もあります。
値引き交渉に応じて、ある程度の値引きをしてくれる可能性はありますが、あまりにも大幅な値引きに応じると、利益を大きく損なうことになるからです。

 

具体的には、ハウスメーカーが大幅値引きに応じない理由としては以下のようなことが挙げられます。

 

・人件費や材料費などのコストを回収できなくなる
・社員の給与や福利厚生を削減する必要が出てくる
・設備投資や研究開発などの投資を抑制せざるを得なくなる

 

ハウスメーカーは、利益を大きく損なうことを避けるために、値引き交渉に応じるかどうかを慎重に判断するのです。

 

値引き交渉を成功させるためには、ハウスメーカーの利益を理解した上で、交渉を行うことが重要ということです。

 

 

値引き交渉を成功させるためには、高い交渉力が必要

値引き交渉を成功させるためには、ハウスメーカーとの交渉を有利に進めることが重要です。
そのためには、高い交渉力が必要になります。

 

交渉力とは、自分の主張を相手に受け入れてもらうための力です。
交渉力を高めるためには、以下のスキルを身につけることが大切です。

 

・相手の立場を理解する力
・自分の主張を明確にする力
・相手を納得させる力

 

これについての詳細は後述します。

 

 

また、交渉の際には、以下のポイントを意識することも重要です。

 

・冷静に交渉する
・感情的にならない
・譲歩するタイミングを見極める

 

ハウスメーカーの営業担当者は、値引き交渉に慣れているため、素人ではなかなか有利に交渉を進めることが難しいです。

 

以上の理由で、ハウスメーカーに対しての値引き交渉は意味ないといわれているのですね。

 

 

ハウスメーカーの値引きは本当に意味ない?抑えるべきポイント5つ!

 

ハウスメーカーの値引き交渉を意味ないものに終わらさないように、以下のポイントを押さえることが重要です。

 

・見積もり書をよく読んで、値引きの余地を探す
・複数のハウスメーカーから見積もりを取り、比較する
・値引き交渉は、契約直前に行う
・交渉の際には、明確な理由を示す
・値引き交渉に応じない場合は、諦める

 

見積もり書をよく読んで、値引きの余地を探しましょう。
たとえば、オプションの価格を下げてもらったり、工事期間を延長して値引きしてもらったりといった方法があります。

 

また、複数のハウスメーカーから見積もりを取り、比較することで、相場を把握することができます。

 

そして、値引き交渉は、契約直前に行うのが効果的です。
契約直前になると、ハウスメーカーも契約を獲得するために値引きに応じてくれる可能性が高くなります。

 

交渉の際には、明確な理由を示すことで、説得力が増します。
たとえば、「予算が限られている」「他社からより安い見積もりを提示された」といった理由を説明しましょう。

 

さいごに、どうしても値引き交渉に応じてもらえない場合は、きっぱり諦めましょう。
交渉を続ければ、関係が悪化し、後々のトラブルに発展する可能性もあるからです。

 

 

ハウスメーカーの値引き交渉を成功させるための交渉スキル

 

最後に、値引き交渉を成功させるための交渉スキルを具体的に解説します。

 

相手の立場を理解する力

 

値引き交渉を成功させるためには、相手の立場を理解することが大切です。
相手の立場を理解することで、相手のニーズを把握し、それに応えるような交渉をすることができます。

 

相手の立場を理解するためには、以下のポイントを意識しましょう。

 

・相手の質問に丁寧に答える
・相手の話をよく聞く
・相手の表情や仕草を観察する
・自分の主張を明確にする力

 

値引き交渉を成功させるためには、自分の主張を明確にすることが大切です。
自分の主張が明確であれば、相手も交渉を進めやすくなります。

 

自分の主張を明確にするためには、以下のポイントを意識しましょう。

 

・交渉の目的を明確にする
・交渉の条件を具体的に提示する
・交渉の理由を説明する
・相手を納得させる力

 

そして、値引き交渉を成功させるためには、相手を納得させる力が必要です。
相手を納得させるためには、相手のニーズを把握し、それに応えるような交渉をすることが大切です。

 

相手を納得させるためには、以下のポイントを意識しましょう。

 

・相手の立場から考えた提案をする
・相手のニーズを満たすような交渉をする
・交渉の成果を相手にメリットとして伝える
・冷静に交渉する力

 

 

値引き交渉は、感情的になると失敗しやすいものです。
そのため、冷静に交渉することが大切です。

 

冷静に交渉するためには、以下のポイントを意識しましょう。

 

・感情的にならないように心がける
・相手の言い分に耳を傾ける
・交渉の目的を見失わないようにする
・譲歩するタイミングを見極める力

 

値引き交渉では、必ずしも自分の主張をすべて通せるとは限りません。

 

そのため、譲歩するタイミングを見極めることも大切です。

 

譲歩するタイミングを見極めるためには、以下のポイントを意識しましょう。

 

・交渉の目的を達成するために必要な譲歩を判断する
・相手が譲歩する意思があることを確認する
・譲歩することによって、交渉を有利に進めることができるかどうかを判断する

 

これらのスキルやポイントを意識することで、値引き交渉を成功させやすくなります。

 

 

【まとめ】ハウスメーカーの値引き交渉は、意味ないのか

 

ハウスメーカーの値引き交渉は、必ずしも意味ないとは限りません。

 

適切なタイミングと方法で交渉することで、ある程度の値引きを実現することは可能です。

 

ぜひ、上記のポイントを参考に、ハウスメーカーとの値引き交渉に臨んでみてください。



家づくりを失敗しないための賢い選択

ハウスメーカーでお安く建てることができた体験談を記しています。

私が簡単に、350万円の値引きで大手ハウスメーカーで建てることができた秘密。
ぜひ、あなたの家づくりにお役立てください^^

⇒家づくりで悩む忙しい人向けにどうぞ!ハウスメーカーで大幅値引きをした体験談